経緯 その7 (出産後)

病気が見つかった経緯 その7

通常出産直後は子供を抱いたりできると思いますが、
私の場合は持病があるため、子供は検査のため即NICUへ連れていかれました。写真1枚だけとってすぐいなくなりました。
子は体重も十分ありましたが、精密検査のためNICUの保育器で10日ほど過ごしました。

私はというと、出産後から原因不明の熱が続いたため、NICUへ入ることもできず、子にはガラス越しにしか会えませんでした。
結構辛かったです。。
一週間ほどで、熱が感染するようなものではないという結果が出たため、めでたく子に会えることにはなりました。

出産は大学病院でしたので、出産後に膠原病の方の主治医の先生が部屋にきて、いつもの血液検査をしましょうとのことでしました。
これがあとでびっくりなのですが、まだその時は婦人科で出産という名目で入院していたため、その間の医療行為は自費になってしまうのです!!この血液検査だけで、6万円とられました。。。
熱が続いていたため退院できず、出産から1週間後に婦人科から膠原病の内科に変更していただいたのですが、その時に検査していれば6万円はとんでいかなかったのです・・特定疾患使えるので。。
もし次回があったら、その時は必ず覚えておこう!

結局退院までに1か月ほどかかってしまいました。
熱の原因はしっかり覚えていませんが、膠原病のほうからきていたものだったと思います。出産中は胎盤からステロイドと同じ成分(?)のものが出ているから病状は比較的安定するらしいのですが、出産後は胎盤がごそっと体からなくなるので一気に悪化する場合が多いようです。
ステロイドの薬を急にやめてはいけないのは同じ理由のようです。
医者の指示に従ってすこしづつ減らしていけないとだめです。

その8へ続きます

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です